200系クラウンアスリートの査定額とは。手放す理由と乗り換え候補

スポンサーリンク


約2年間乗った200系クラウンを手放すことにしました。
いくらで売れたのか、手放す理由などを紹介します。

スポンサーリンク

査定額

200系クラウンアスリート前期2.5Lナビパッケージ
距離は約85000kmで不具合は特になし。
大手買取業者や町の車屋さんで査定してもらったところ
大体30万円くらいが相場ということでした。
私は次の車を購入する際に下取りということでクラウンを売ることにしたので
ここから少しだけ金額をあげていただきました。
中には下取りで30万円という店もあったのでやはりその辺が相場みたいですね。

3.5Lの上級グレードや後期型であれば50万円以上の金額で売却できるかもしれないとのことでした。

手放す理由

手放す理由ですが、正直大きな不満というものはありません。
強いて言えば以前から言っている、維持費の面とボディサイズの面ですかね。
後で乗り換え候補の話をしますが、次は軽自動車に乗るつもりをしています。
やはりコンパクトで維持費の安い車と比べてしまうとそこが気になってきた部分はあります。

他の理由としては、楽で快適で所有欲を満たしてくれるが楽しさはあまり感じられないといったところでしょうか。
私は元々スポーツカーが大好きで以前はEK9に乗っていました。

当時はフルバケにアホみたいに硬い車高調など、走りに特化したいじりかたをしていて
それはもちろん楽しかったのですが、メインの使い方としては通勤や街乗りがでしたので
だんだん疲れてきたんですよね。故障も多く次に乗る車は快適で楽な車にしようと
クラウンを選択しました。
ですが今度は欲しくなってくるんですよね。趣味性が。
結局ないものねだりなんですが、いい感じに自分で納得できるような車を探すことにしました。
クラウンとてもいい車ですが純正で完成されてていじるところがないのも地味に寂しかったりします(笑)

200系クラウンをカスタムしない方がいい理由
200系クラウンをカスタムしない方がいい理由について 私なりの考えをまとめました。 定番とされているカスタムを例に話していこうと思います。 私自身カスタムカーは好きですし否定するつもりもありません。 クラウンはいじるところがないくらいノーマ...

次の乗り換え候補

次の車ですが、現時点での最有力候補は初代コペン(L880K)です!
年式の古さや積載性の問題はありますが、軽自動車ということであらゆる維持費は安く済みます。
(故障リスクからは目をそらしますw)
軽自動車の中でもカプチーノやビートなど趣味性全振りみたいな車はありますよね。
コペンはこれらの中でもまだマイルドというか、走りに特化というよりはオープンで楽しめる
要素の方が強めなのかなという印象です。
MTかATかで非常に悩んだのですが、正直どっちを選んでも後悔しそうなので
今回は楽さ重視でATにします。ATの方が安いというのもデカいですし
MTモードで欲は誤魔化し、どうしようもなくなったらレンタルでMTで借りようと思っています。
私の使用用途では8割9割は足としての使用がメインになるので、快適性重視ですね。

軽の中でもスポーティーで趣味性の高い車が欲しいというのもありますが
オープンに興味津々なんです。
いままでオープンカーを所有したことはなく非常に楽しみです。
実際乗ってしまえば、オープンにする頻度はあまりなさそうですけど
友人のコペンや試乗でオープンを体験してとても開放感があり気持ちよかったので
これも欲しくなった要因の一つですね。
手動ではなく電動で開閉するあのギミックは男なら誰しもが憧れますよね。

自分が車に求める要素としてコンパクトであることや小回りが効くことは
重視していて、その点もコペンはちっこいボディで最小回転半径4.6m(これは軽の中では良くないか)と十分です。

あと地味なメリットとして滅多にありませんが
たまーに運転変わってほしい時ってあるんですよね。
そんな時友人や家族が私の車を運転するとき「EK9はMT怖い」「クラウンはデカくて怖い」など運転するのに抵抗を持たれることが多かったのですが
軽でATのコペンなら割と抵抗も少ないのかなと思います。
そこもATを選んだ理由の一つかもしれません。

クラウン(GRS200)
スポンサーリンク
Pen Driveのブログ【GRS200→L880K】