初代コペン(L880K)のデメリット16選

スポンサーリンク

今回は初代コペン(L880K)に対する不満やデメリットを紹介していきます。

クラウンからコペンに乗り換えた理由【GRS200→L880K】コペンの魅力11選
クラウンからコペン(初代L880K)に乗り換えた理由について話していきたいと思います。コペンのどこに魅力を感じたか紹介していきます。軽く試乗はしましたが、あくまで乗る前の幻想ですので実際に乗ってみてのメリットデメリットはいずれ別動画で紹介し...
スポンサーリンク

2人しか乗れない

コペンのデメリット1点目は2人しか乗れないという点です。
2シーターなので当たり前なんですが
スポーツカーによくあるリアシート狭過ぎて乗れませんとかではなく
そもそも定員が2名ですし物理的2人しか乗れません。
これはその人のライフスタイルにもよって致命的なデメリットとなるか
さほど気にならないか
変わってくるところでしょうね。
家庭があって、子供を乗せる機会が多いとなれば
この車は選べないでしょうし
独身でも大人数で出かけることが多いとなれば
自分の車で出かけられないわけですから
躊躇する要因になるかと思います。
逆に私のように基本は1人でたまに誰かを乗せる
程度ですと大したデメリットにはなりません。
ただ、2人でドライブしている時に誰かを迎えに行くという状況もたまにあるので
そういった時には困りますね。
そして2人乗ると荷物の置き場に困りますw

荷物が載らない

コペンのデメリット2点目は荷物が載らないという点です。
こちらも2シーター故の悩み。
使えないリアシートも荷物置きとしては有効活用できますが、そもそもシートがないので
2名乗車時は荷物置き場がなくなります。
オープンにすれば、本当に限られたスペースしか収納スペースが残らないので
旅行で荷物が多くなる時はオープンを諦めるか
別の車で行く必要がありそうです。

出先で予定外に買い物をしてしまい置き場に困るってことも予想されます笑
アウトドア趣味などで荷物を載せる機会が多いって方もこちらは割と大きなデメリットとなるでしょうね。
逆に私のように荷物はスマホと財布と鍵くらい
という人はそこまで気にならないかもしれません。

小物を置くスペースがない

コペンのデメリット3点目は小物を置くスペースがないという点です。
ドリンクやスマホやボトルガムや灰皿やゴミ箱など
車内には色々置くと思いますが
純正状態だと結構置き場に困ります。
後付すればこの問題はある程度解決しますが
内装を崩したくないから何もつけない!って方は
少々不便かもしれません。
収納を増やすアイテムはシート横やセンターコンソール周辺に取り付けるものが多いので
ATならそこまで邪魔にはならないかと思いますが
MTはシフト操作時に頻繁にぶつかって不快かもしれませんね。

サンバイザーが垂れてくる

コペンのデメリット4点目はサンバイザーが垂れてくるという点です。
コペンあるあるみたいですが非常にうざいです笑
根本のパーツが劣化して保持できなくなるみたいです。
納車時に新品に交換してもらいました。
オープン時の風の巻き込みを防止してくれる機能もあるみたいです。

シートベルトがはさまる

コペンのデメリット5点目はシートベルトがはさまるという点です。
コペンあるあるその2
シートベルトが綺麗に戻ってくれません。
気をつけないとドアに挟んでしまいます。
シートにベルトを固定するパーツがあるんですが、これに固定すると
ベルトの挟み込みは減るのですが、ベルトの戻りが非常に悪くなるため
結局外して使っています。

車高が低い

コペンのデメリット6点目は車高が低いという点です。
車好きとしては車高が低いことはプラスポイントです。
しかしそれ故にデメリットあるので紹介しておきます。
まず低さもありますが車内も狭いので乗り降りがしにくいです。
ドアも長いので一般的な軽自動車に比べると開閉にも気を使う場面はあるかも。
特に背の高い人は頭をぶつけがちでしょうね。

あとは駐車券の精算などが非常にしんどいですw
クラウンから乗り換えてポジションが違いすぎて驚きました。
カード読み取り機が高い位置にあるとかなり腕を伸ばさないと決済できず無理な姿勢を強いられます。
純正車高で困る場面が出てくるとは思いませんでしたね。

そして車止めも接触リスクが高いです。
車止めの高さにもよりますが
実際ぶつかりそうなのでタイヤが当たるまで近づくのは危険な気がします。
今はバックカメラを取り付け、ギリギリまで寄れるように対策しました。

車体代が高い

コペンのデメリット7点目は車体代が高いという点です。
これはプレミア価値なので仕方ないんですが
20年落ちの年式、10万キロ以上の走行距離の軽自動車が約50万円くらいするって異常ですよね
普通なら廃車か数万の価値しかないでしょう。
軽自動車故に色々と維持費が安いとはいえ
最初の購入費用はどうしても高くつきます。
状態の良い車両であれば100万円を超えてくるでしょう。
MTであれば更に高いです。
まあ結局私自身もリスクや値段を加味しても欲しい!となったので需要がすごいんでしょうね。

故障リスクがある

コペンのデメリット8点目は故障リスクがあるという点です。
古い車で私のコペンは特に過走行気味なので
故障リスクには常に怯えて暮らさなければなりません。
急な出費が発生するリスクが最近の車に比べると高いということでもあります。
代表的なものでいえばタービンブローやアクティブトップの開閉不良でしょうか。
屋根が開かない!とかならまだ走行自体に支障はないですがタービンとかそういった主要パーツが壊れるのは本当に怖いですね。
故障ではないですが、オープン特有の雨漏り問題もあります。
経年劣化でモール類もダメになってくれば雨も侵入してくるでしょうからそこも不安ですね。

実際納車されてすぐブレーキランプが消えないというトラブルがありました。

【1円で解決】L880Kコペン ブレーキランプ付きっぱなしトラブル
納車当日ブレーキランプが点灯しぱなっしになりました。ブレーキペダル下にはパーツの破片が転がっていました。どうやらそこのパーツが破損して落下したようです。何か間にかましてやると直ります。ネットで調べると1円玉を挟んで両面テープで固定すると直る...

これはすぐ解決できる小さなトラブルでしたが、やはりなんらかの故障はあると思っておいた方がいいでしょうね。

スポーツ系の車を買う時に気になるのが
前オーナーがゴリゴリにスポーツ走行をしていたかどうかと言う点ですね。
酷使されていればその分故障リスクは高いですからね。
逆に年配の方が街中をゆったり走っていたとかなら
状態としては良いでしょう。
傾向としてATよりMTの方が荒め?に使用されているような気がしますので
ATの方が車本体のダメージは比較的少ないのかもしれませんね。

視界が悪い

コペンのデメリット9点目は視界が悪いという点です。
めちゃくちゃ悪いというわけではないんですが
趣味性のない実用的な車に慣れていると
視界は悪く感じますね。
後方視界や左後方、サイドミラーの視界も狭く
全体的に後方が確認しにくいです。

オープンにすれば解決ですが笑
オープン以外でもバックモニターやサイドミラーのワイドレンズ化など対策すれば改善されると思います。前方も普通の軽自動車と比べるとノーズが長いので若干見にくいかもしれません。
とはいえ軽自動車のサイズですから
そこまで気になるものではないとは思いますが。

ガタピシ音がうるさい

コペンのデメリット10点目はガタピシ音がうるさいという点です。
ルーフの留め具の部分から音が鳴りますが
ややうるさいです。
対策してやればマシにはなります。
静粛性の高い車に乗り慣れてると不快かもしれません。

乗り心地が良くない

コペンのデメリット11点目は乗り心地がよくないという点です。
純正でもそこそこ固めな印象です。
車内に結構振動が伝わってきます。
私はフワフワした快適な乗り心地も
カチカチの走り特化の固い乗り心地も両方好きなので乗り心地に文句を言うことは基本ないのですが
快適な車両ではないことは言っておきます笑

快適装備が少ない

コペンのデメリット12点目は快適装備が少ないという点です。
電動調整ミラー、キーレスなどの基本的な装備はあります。
しかしキーレスも一体型ではなかったり、ちょっとなぁと思うところもあります。
絶対必要とは思っていませんが
スマートキー、Bluetoothオーディオ、バックカメラなどはあるとかなり快適なので
これらがないとなると慣れるまで少しストレスかもしません。
200系クラウンに乗っていた時は上記の装備に加え
オートライトや自動格納ミラーなど
手間を省いてくれる装備が多く搭載されていたので
ここはどうしてもギャップを感じてしまいますね。
昔EK9に乗ってたときはそれが普通だったので慣れかなとは思います。
余談ですが、EK9から乗り換えるとき次は快適な車にしようとクラウンを選びました。
しかし結局趣味性の高い車に戻ってきてしまいました。
今回は最初は絶対MTと思っていましたが
結局ATにしたので私なりに譲歩?というか心境の変化みたいなものを感じますが
自分が車に求めるものは快適性ではないんだな
ということがわかりましたね笑

パワフルとはいえ所詮は軽

コペンのデメリット13点目はパワフルとはいえ所詮は軽という点です。
所詮は軽というと、64馬力規制に合わせるためにデチューンされて本来のポテンシャルを抑えているJBエンジンに失礼ですが
あくまで軽自動車の規格に収まるように作られている車なので
パワーの面では乗用車と比較すると非力さを感じる場面はあります。
男2人乗車でエアコン全開上り道はちょっとコペンに申し訳ない気持ちになります笑

整備性が悪い

コペンのデメリット14点目は整備性が悪いという点です。
あまりエンジンルーム内で作業することはないんですが、ギチギチに詰まっているため作業性は悪いです。
DIYでメンテナンスしている人はストレス感じるでしょうね。
逆に車内のカスタムはオープンにすることで、スペースを確保できるので快適です。
風通しもよくなるので多少は暑さもマシになります。

男2人はキツい

コペンのデメリット15点目は男2人はキツいという点です。
まず室内が狭くなるという点で物理的に窮屈に感じます。
特に体格の良い男性2人だとかなり圧迫感あるかと。

それ以外にも絵面的にもちょっと…っていう意味でも少しキツさはあります笑
オープンにしたらおっさん2人がはしゃぐ形になるんですが客観的に見るとちょい恥ずかしいですw

雨漏りする可能性がある

コペンのデメリット16点目は雨漏りする可能性があるという点です。
オープンカーという特性上、どうしても水は侵入しやすいですね。
トランクや三角窓やルーフのつなぎ目など
他の車に比べて隙間が多いのである程度仕方ない部分ではあります。
また古さ故にモールの劣化などから水が浸入する可能性は高いです。

コペン(L880K)
スポンサーリンク
Pen Driveのブログ【GRS200→L880K】