ダイソーのブリキ缶でリレーアタック盗難対策!

スポンサーリンク

今回は盗難対策(リレーアタック)について。

リレーアタックとは
本来スマートキーは車に近づかないとドアロック解除やエンジン始動はできません。
例えば、車から少し離れて玄関にキーを置いていたら、ドアノブに触れての開錠はできませんね。
しかし離れたキーの電波を増幅し、開錠・エンジン始動してパクるという手口があります。
これがリレーアタックです。

なら電波を遮断してしまえば増幅される心配はなくなりますね。
そこでこれ!


このブリキ缶にスマートキーを入れると、電波が遮断され
ドアもエンジンスタートも反応しなくなります。
結構深いので、一般的な大きさのキーケースなら入ります。

他にもアルミ缶に入れる、アルミホイルで包むなどでも遮断できます。

アルミホイルは面倒ですけどね。

スチール缶では普通に反応してしまいました。

節電モードがある車種であれば
施錠ボタンを押しながら、解錠ボタンを2回押します。
インジケータが4回光ればOKです。

残念ながら200クラウンにはありませんでした。

まあでも節電モードにするのを忘れそうなので
缶に入れておくのがお手軽でいいのではないでしょうか。

どれだけ対策しても完全に盗難を防ぐことは難しいかもしれませんが
今回の対策は100円ショップで購入できる物で簡単にできるので
スマートキーを利用している方は缶に入れてみてください。

余談です。

私は以前、とても盗難車としても人気な車に乗っていました。
その時はダミーの光物に始まり、出先ではハンドルロックをするようになり
最終的にはハンドルを外し、ハンドルを持参されても大丈夫なようにロック機構をつけたりし
ましたがそれでも心配でした。

クラウンに乗り換えてからは、そんな心配もしなくて済むだろうと思っていたのですが
何とニュースで200系クラウンが窃盗されたとの情報が。
え?型落ちでもパクられるんですか?

スポーツカーやランクル、ハイエースが人気車種かと思っていたのですがどうなんですかね。

スポンサーリンク
Pen Driveのブログ【GRS200→L880K】